本当に入れるの?

持病があるから…という理由で、医療保険への加入をあきらめている人はいませんか?

一言で『持病』といっても、様々な種類があります。
そして、持病の種類や入院・通院歴によっては加入が可能な保険も少なくありません。
加入の可否に関する問い合わせ、相談内容として多く挙げられるものとして、以下のものがあります。

イメージ:矢印

  • 『健康診断で、異常指摘を受けたのですが…』
  • 『入院歴・手術歴があるのですが…』
  • 『高血圧のため、血圧降下剤を服用しているのですが…』
  • 『糖尿病が原因で通院しており、インスリン治療を受けているのですが…』

上記のような場合でも、“必ずしも加入することができない”というものではありません。
それでは、具体的にはどのような場合に『加入が可能』であり、またどのような場合に『加入が不可能』となるのでしょうか。
詳細は保険会社や保険商品によって異なりますが、例えば以下の3つの告知事項のいずれにも該当しない場合、保険への加入が可能となることがあります。

3つの事項のいずれにも該当しない場合、保険への加入が可能となることがあります。

  • 最近3か月以内に、医師から入院や手術、放射線治療を勧められたことがある、

    または治療方法の一つとして説明を受けたことがある。

  • 過去2年以内に、入院や手術、放射線治療を受けたことがある。

  • 今までに、公的介護保険制度の要介護・要支援の認定を受けたことがある。または、現在、公的介護保険の申請中である。

  • ※上記は告知事項の概要です。加入を希望される場合、正確な告知事項を申込書類にてご確認いただく必要があります。
  • ※上記のいずれにも該当しない場合であっても、ご職業や過去の契約状況などによっては加入できない場合もございます。

なぜ、持病があっても保険に加入できるの?

持病があっても加入することができる保険というと、馴染みのない方も少なくないのではないでしょうか。
また、持病があっても加入することができる保険というと、どこか信じがたいイメージを抱いてしまう方もいるのではないでしょうか。
持病があっても加入することができる保険には、きちんとした理由があります。

安心のカギは引受基準緩和型医療保険

持病があっても加入することができる保険は、一般的に“引受基準緩和型医療保険”と呼ばれる種類の保険です。これは、健康に不安のある方でもご加入いただけるように、一般的な保険よりも高めの保険料を設定することで、加入を可能としている保険です。
このような保険により、健康に不安のある方や持病を抱えている方でも医療保険に加入し、病気や怪我に備えることが可能となっています。
なお、健康状態によっては、より保険料の安価な保険に加入することが可能ですので、事前に保険の専門家に相談することが重要といえます。

持病があっても入れる保険ご紹介します!

簡単加入でもしもの時の安心を!

資料請求はこちらから

tel:0120-945-689 受付時間10:00~20:00(木曜定休)

イメージ:女性

ページトップ

D-29-10(29.6.12)

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.