子宮筋腫の原因

子宮筋腫が発生する原因は、未だ明確にはなっていません。なお、月経が始まる以前では発生がほとんど見られないという点や、閉経後には筋腫が縮小するという点から、筋腫の成長は月経と深い関係にあると考えられています。すなわち、月経を生じさせる卵巣ホルモンがその原因となっているのではないかと考えられています。
もっとも、筋腫の成長に卵巣ホルモンが必要である可能性が指摘されている反面、子宮内になぜ筋腫となる細胞が生じるのかという理由に関しては、未だ不明確となっています。
仮説としては、胎児の段階で筋腫を引き起こす細胞が作られているというものや、月経を繰り返しているにも関わらず妊娠しないことによって、細胞に異常が発生するといったものを挙げられています。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.