脳血管障害の治療とリハビリテーション

脳卒中のリハビリテーションは、早期に行なうほど大きな効果を得ることができます。そのため、脳卒中の症状を発症後に全身の状態が比較的安定している場合には、その日からリハビリを始めることが重要となっています。
リハビリテーションの具体的な内容としては以下のようなものがあります。

理学療法

起立や歩行など機能の回復、または車いすの操作の訓練などを主に行なう療法

作業療法

自身の身仕度や家事等の日常生活動作の回復を主に行なう療法

言語療法

言語機能やコミュニケーション能力の回復を図る療法

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.