脳卒中の予防法

脳卒中の予防法の一つとして、『高血圧を防ぐ』ことを挙げることができます。なお、高血圧を防ぐためには塩分の摂取量を控えることが重要となります。
体内に多くの塩分が摂取されると、人の身体は体内の塩分濃度を低下させるために多くの水分を血管内に吸収することになります。これにより、血管内の血液の量が増加するため、血管にかかる圧力(血圧)が高くなり、“高血圧”となります。
なお、果物や野菜に含まれる“カリウム”は体内の塩分を体外に排出する効果があるため、これらを摂取することが脳卒中の予防の一つとなります。

他の予防法としては、『大量の飲酒を避ける』、『喫煙の量を減らす』、『適度に運動をする』といったものを挙げることができます。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.