脳血管障害の診断方法

脳出血や脳梗塞の診断は、磁気を用いたMRIやMRA、またはコンピューターを用いたCT(断層撮影)などで行なうことができます。この診断により、出血や梗塞の場所や大きさなどを判断することが可能となっています。
CT、MRI、MRAなどの各診断方法は、具体的には以下のようなものとなっています。

CT

脳にX線を当てることにより、脳の断面画像を作り出します。これにより、脳の何処に出血や梗塞があるのかを診断することができます。

MRI

CTと同様に脳にX線を当てることで脳の画像を作り出します。なお、MRIではCTの診断だけでは見つけることができなかった脳梗塞を見つけることが可能となっています。

MRA

MRIを用いて脳内の血管だけを鮮明な画像にすることで脳卒中の可能性を判断する方法です。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.