脳血管障害(脳卒中)

“脳血管障害”とは、『脳の血管の破損による出血(脳出血)』や、『血栓などによる閉塞(脳梗塞)』などの異常を指します。このような症状は一般的に“脳卒中”と呼ばれています。
脳出血と脳梗塞の原因は異なっており、それぞれ2つに分類することができます。
『脳出血』の原因には、高血圧症がきっかけとなるもの(高血圧性脳出血)と、動脈瘤の破裂によるクモ膜下出血がきっかけとなるものがあります。
なお、高齢者が脳卒中を患う要因としては、高血圧症によるものが多くなっています。

『脳梗塞』の原因には、動脈硬化によって血栓が生じて閉塞がきっかけとなるものと、心臓病を患った際に心臓にできた血栓が血流とともに脳に運ばれて血管を詰まらせることがきっかけとなるものとがあります。 なお、脳内に多くの脳梗塞が生じる場合を“多発性脳梗塞”と言います。この多発性脳梗塞は、高齢者の認知症の原因とされています。

脳卒中の患者数は全国で130万人以上とされ、年間の死亡者数は13万人程度となっています。なお、脳卒中による死亡原因の約60%が脳梗塞によるものであり、約25%が脳出血によるものとなっています。

脳卒中の主な症状としては、“身体動作の不能”や“意識障害”、または“頭痛やめまい”などを挙げることができます。現在では磁気を用いたMRIやMRAを用いることで診断が可能となっています。リハビリテーションには、歩行の訓練などを行う『理学療法』や、自身の日常生活における行動・動作を行う『作業療法』、または言語機能やコミュニケーションの回復を図る『言語療法』などがあります。

脳卒中を発症しやすい人の特徴としては、『高齢である』、『飲酒・喫煙の量が多い』、『糖分や油脂分の摂取量が多い』、『日常生活の中で抱えるストレスが多い』といった点が挙げられます。そのため、予防策としては、飲酒・喫煙を控える、糖分や油脂分の摂取を控える、ストレスを溜めないといったことを心掛けることが重要となります。

一般的には、一度でも脳血管障害(脳卒中)を患うと、その後は保険に加入することができないという印象を抱かれがちですが、条件次第では過去に脳血管障害(脳卒中)を患った場合でも保険に加入することが可能です。

加入方法

保険へ加入する際、保険会社と契約を結ぶ必要があります。具体的な方法としては、保険会社の外交員と契約する方法や、保険契約を代理で行っている保険代理店を通じて契約を行うという方法が挙げられます。

なお、現在では、従来のように保険のプランナーと対面を経て申し込む方法だけでなく、インターネットから申し込む方法もまた、主流となっています。
インターネットから申し込む方法では、専用サイトから申込書類を請求し、到着後、必要事項を記入して送付→審査→契約の成立という流れになるのが一般的です。
対面を経て申し込む方法では、自宅や近くの喫茶店、または希望の店舗で保険のプランナーと面談を行い、契約を行うという流れになるのが一般的です。

加入する保険商品によっては加入方法が限定されているものもあるため、事前に確認する必要があります。また、毎月支払う『保険料』、や万が一の際に受け取ることができる『保険金・給付金』についても様々なプランがあるため、保険への加入を考える場合には、事前にある程度の詳細を把握しておくことが重要となります。そのため、面談前に資料請求を行い、一通りの内容を把握し、予め疑問点、質問事項を明確にしておくことが重要です。

加入条件

過去に脳血管障害(脳卒中)を患った(もしくは現在患っている)場合でも、
告知事項がすべて「いいえ」の場合には、お申込みいただくことが可能です。

「本当に入れるの?」の疑問にお答えします!

  • 脳血管障害の症状
  • 脳血管障害の診断方法
  • 脳血管障害の治療とリハビリテーション
  • 脳卒中にかかりやすい人の特徴
  • 脳卒中の前兆
  • 脳卒中の予防法

持病があっても入れる保険ご紹介します!

簡単加入でもしもの時の安心を!

資料請求はこちらから

tel:0120-945-689 受付時間10:00~20:00(木曜定休)

イメージ:女性

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.