不妊の治療法

不妊の治療法として、以下のものを挙げることができます。

タイミング法

不妊の原因を、タイミングの不一致にあるとする考え方です。この考え方に基づき、不妊の原因が明確とならない段階においては、薬物や外科的手段を避けて、このタイミング法が選ばれることが多くなっています。

人工授精

数万個の精子を人工的に子宮口内に注入して行われます。なお、日本の場合は配偶者間にて人工授精が行われることが一般的となっていますが、極めて稀に非配偶者間でも行われることがあります。

生殖補助医療技術

卵子の採取を“排卵誘発法”にて行い、複数の卵子を採取します。精子の採取は“用手法”にて行います。採取後は、体外受精もしくは顕微授精のいずれかによって受精させることになります。

卵管鏡下卵管形成術

卵管鏡下卵管形成術は、卵管の閉塞や狭窄が原因となっている際に用いられる方法です。不妊となる原因の約30%が、卵管の閉塞や狭窄であるといわれています。そのため、この卵管鏡下卵管形成術の必要性も高いものとなっています。手術の効果については、卵管の開通率が約90%となり、手術後1年以内に妊娠する確率は約30%と言われています。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.