腎不全の症状

腎不全の症状として、主に以下のものを挙げることができます。

タンパク尿

腎臓内の糸球体が損傷することによって腎臓の濾過機能が低下するため、尿内のタンパク質の量が増加することになります。

血尿

糸球体が損傷することによって腎臓の濾過機能が低下するため、尿内に赤血球が含まれることになります。

頻尿と乏尿

腎臓の機能が低下することにより、尿の量が増加します。一般的には、夜間に排尿の頻度が高まるとされています。また、腎不全がさらに進行すると、腎臓の機能が一層弱まることで尿の生成量が減少します。尿の量が減少することで、体内から排出される塩分や水分量が低下するため、血圧の上昇や、体内に水分が溜まることによって浮腫(むくみ)などの症状を引き起こします。顔や足が特にむくみやすいと言われています。

尿毒症状

腎臓の機能が低下することにより、本来であれば体外に排出されることになる尿毒素(老廃物)が体内に蓄積されるため、尿毒症状が現れます。尿毒症状の初期の段階では、疲労感などの症状がみられます。また、症状が悪化すると、消化器官の症状としては食欲不振や吐き気などがみられ、神経系の症状としては頭痛や注意力の散漫などがみられます。さらに症状が悪化すると、痙攣や意識障害などを引き起こします。

貧血

造血ホルモンの分泌が減少することで、赤血球が減少します。これにより、貧血症状となる場合があります。

高血圧

血圧を調整するホルモンの分泌が減少することにより、血圧が上昇します。

骨の弱体化

腎臓機能が低下することよってビタミンDの活性化が阻害されるため、腸からのカルシウムの吸収が妨げられることになります。これにより、血液中のカルシウム濃度が減少します。その結果、骨からカルシウムが放出され、骨の強度が弱まることになります。

電解質のバランス異常

ナトリウムやカリウム、カルシウムなどの電解質のバランスが不均衡になります。中でもカリウムの排出能力の低下が顕著となり、血液中のカリウム濃度が上昇します。これにより高カリウム血症を引き起こし、場合によっては不整脈を引き起こすこともあります。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.