心筋梗塞の原因と対策

心筋梗塞が発生する原因としては、『動脈内でできた“動脈硬化病巣(コレステロールの蓄積が原因)”が破綻することによる血栓の発生』を挙げることができます。
動脈硬化の原因には、偏った栄養バランスの食事、過度な飲酒・喫煙、過度なストレス、運動不足などがあります。そのため、心筋梗塞の原因となる動脈硬化を予防するためには生活習慣の改善が必要となります。
食事面では、ミネラルやビタミンを補給することや、塩分・アルコールを控えることなどが効果的です。また、“肥満”が動脈硬化の原因となるため、運動や食事制限によって適度な減量を実現することも重要となります。

なお、食事面における動脈硬化予防法の一つとして、“オメガ3脂肪酸”の摂取を挙げることができます。
“オメガ3脂肪酸”には血液中の脂質濃度を下げる働きがあります。このオメガ3脂肪酸が多く含まれている食材としては、いわしやかつおなどの青魚類、豆類、緑黄色野菜、くるみ、亜麻仁油、シソ油、えごま油などを挙げることができます。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.