子宮内膜症

子宮内膜症とは、子宮内腔にしか存在しないとされている“子宮内膜”や“子宮内膜の組織”が、子宮以外の場所にて形成される症状を指します。なお、具体的な場所としては、卵巣やダグラス窩、直腸や膣、外陰部、膀胱、腹壁、へそなどを挙げることができます。

現在、生殖年齢に至っている女性の約10%が、子宮内膜症を患っていると言われています。また、妊娠を経験したことがない女性に多いという指摘もなされています。なお、日本国内の患者数は、10万~15万人程度とされています。

子宮内膜症の分類方法として、『Beecham分類』と、『Re-AFS分類』を挙げることが可能です。

『Beecham分類』は、症状・状態によって以下の4段階に分類が可能です。

・StageⅠ
1~2cmの内膜症小斑点が散在している状態です。
・StageⅡ
卵巣や子宮頸部、広靭帯、仙骨子宮靭帯が固着している状態です。圧痛や硬結が生じ、腫大化が見られる状態です。
・StageⅢ
StageⅡに加え、卵巣が通常の2倍以上に腫大化している状態です。
・StageⅣ
仙骨子宮靭帯や直腸、または付属器が癒合している状態です。また、ダグラス窩が消失している状態です。

これに対して『Re-AFS分類』では、腹膜や卵巣における病巣・症状の大きさや深度、またはダグラス窩の閉鎖を数値化し、数値の合計によってStageⅠからStageⅣまでの分類を行います。

子宮内膜症が発症する原因は明確とはなっておらず、現在では様々な仮説が唱えられています。なお、子宮内膜症を患うことによって約20%~70%の確率で、不妊症を引き起こすとされています。そのため、早期の治療が重要となっています。子宮内膜症の主な治療法としては、『外科療法』、『薬物療法』、『待機療法』などが挙げられます。

一般的には、一度でも子宮内膜症を患うと、その後は保険に加入することができないという印象が抱かれがちですが、条件次第では過去に子宮内膜症を患った場合でも保険への加入を申し込むことが可能です。保険会社によっては『完治から◯年以上経過している場合』などに加入が可能となることもあります。

加入方法

保険へ加入する際、保険会社と契約を結ぶ必要があります。具体的な方法としては、保険会社の外交員と契約する方法や、保険契約を代理で行っている保険代理店を通じて契約を行うという方法が挙げられます。

なお、現在では、従来のように保険のプランナーと対面を経て申し込む方法だけでなく、インターネットから申し込む方法もまた、主流となっています。
インターネットから申し込む方法では、専用サイトから申込書類を請求し、到着後、必要事項を記入して送付→審査→契約の成立という流れになるのが一般的です。
対面を経て申し込む方法では、自宅や近くの喫茶店、または希望の店舗で保険のプランナーと面談を行い、契約を行うという流れになるのが一般的です。

加入する保険商品によっては加入方法が限定されているものもあるため、事前に確認する必要があります。また、毎月支払う『保険料』、や万が一の際に受け取ることができる『保険金・給付金』についても様々なプランがあるため、保険への加入を考える場合には、事前にある程度の詳細を把握しておくことが重要となります。そのため、面談前に資料請求を行い、一通りの内容を把握し、予め疑問点、質問事項を明確にしておくことが重要です。

加入条件

過去に子宮内膜症を患った場合でも、
告知事項がすべて「いいえ」の場合には、お申込みいただくことが可能です。

「本当に入れるの?」の疑問にお答えします!

  • 子宮内膜症の症状
  • 子宮内膜症の原因
  • 子宮内膜症の治療法

持病があっても入れる保険ご紹介します!

簡単加入でもしもの時の安心を!

資料請求はこちらから

tel:0120-945-689 受付時間10:00~20:00(木曜定休)

イメージ:女性

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.