うつ病の治療法

うつ病の治療法としては、『休養』、『環境調整』、『精神療法』、『薬物療法』、『特殊療法』などが挙げられます、治療の際にはこれらを組み合わせて行われるのが一般的となっています。なお、多くの場合は『休養』と『薬物療法』が中心となります。

『休養』

うつ病も他の病気と同様に、休養することによってその症状に回復傾向を見ることができます。そのため、学生であれば学校を休む、会社員であれば会社を休む、専業主婦であれば家事を休むことで、症状を和らげることが可能となります。

『環境調整』

うつ症状の原因が心的要因である場合、環境を変化させることでうつ症状の回復を図ることができます。このような解決策を一般的に『環境調整』と呼びます。

『精神療法』

精神療法は別名『心理療法』とも呼ばれ、例の一つとして読書療法などを挙げることができます。精神療法の特長として、薬物療法と比較してうつ病の再発可能性が低い点を挙げることができます。
なお、うつ病の症状が重度の場合、精神療法だけでは十分な効果は発揮されないとされています。また、高齢者のうつ病患者の場合には、精神療法に加えて薬物療法を併用することで、その効果を高めることができるとされています。

『薬物療法』

うつ病の症状が中度、もしくは重度の場合には、薬物による治療が勧められます。なお、うつ病の症状が軽度の場合には、薬物療法を避けるべきだとの考え方が一般的となっています。
薬物療法に用いられる薬品の代表的なものとして、『抗うつ薬』を挙げることができます。これら抗うつ薬は必ずしも即効性を有するというものではなく、場合によっては効果が現れるまでに1~3週間程度かかることもあります。なお、うつ病の自然回復率は症状が生じたときから数か月以内で50%とされていることから、安易な利用は避けることが望ましいという意見もあります。

『特殊療法』

特殊療法の例の一つとして挙げられるのは、ECTと呼ばれる『電気けいれん療法』です。電気けいれん療法は、頭皮の上から電流を流すことにより人工的にけいれんを起こすことで治療を行う方法です。この療法が採られる事例として挙げられるのは、自殺の危険性が高い場合や、薬物療法などの他の療法に効果を期待することができない場合などです。
なお、精神科医によっては電気けいれん療法を勧めないこともあるため、治療の際には予め複数の医師と相談することが重要といえます。

『その他の療法』

軽度のうつ症状を抑える療法として、これまでに述べたもの以外にも、ハーブを利用した療法を挙げることができます。また、運動することによってうつ病の症状の緩和を図る『運動療法』も挙げられます。運動療法の特長としては、薬物療法よりもうつ病の再発率が低いという点を挙げることができます。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.