肝硬変の治療法・予防法

肝硬変の治療法として、アルコールの非摂取を挙げることが可能です。なお、これはアルコール性肝硬変・ウィルス性肝硬変の両方にとって効果的な方法です。というのも、アルコールは肝硬変を悪化させる成分を含んでいるため、アルコール性肝硬変・ウィルス性肝硬変を問わず、摂取しないことによって肝硬変の症状を和らげることが可能となります。また、過度な塩分の摂取は腹水を悪化させる要因となるため、食事の際には塩分の制限が必要となります。理想の塩分摂取量は、一日当り7gとされています。
なお、肝硬変を患うことにより、体内でのビタミン吸収機能が弱まるため、健康を維持するためにはビタミンの補給が重要となります。
他の治療法として、肝移植を挙げることも可能です。この点、アメリカでは脳死後に肝移植を行うことが一般的とされていますが、日本では生体肝移植が一般的となっています。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.