がんの予防法

がんの予防法として高い効果を発揮するのは、『禁煙』です。特に、肺がんの発症は“喫煙”と密接に関係しているため、喫煙を控えることが肺がんの効果的な予防となります。
禁煙以外の“がんの予防法”としては、以下のようなものを挙げることができます。

  • アルコールを控える
  • 栄養バランスの整った食事を心掛ける(『野菜や果物は合わせて400グラム以上摂取する』、『塩分の摂取を控える』など)
  • 定期的に運動する
  • 標準的な体重を維持する(太り過ぎ・痩せ過ぎ避ける)

がんは、体内の遺伝子が損傷することで発症します。なお、体内の遺伝子を損傷させる要因の一つとして、“活性酸素”を挙げることができます。この“活性酸素”は、『抗酸化力』を有する物質によって害のない酸素に還元されます。そのため、遺伝子の損傷を防ぐためには『抗酸化力』を有する食材を摂取することが効果的であり、それゆえ“がん予防”において大きな効果を発揮するということがわかります。
抗酸化力を有する食材としては、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを含む緑黄色野菜を挙げることができます。また、大豆も多くの抗酸化力を有しているため、大豆を用いた味噌や豆腐などもがん予防のための食材として挙げることができます。

なお、がん細胞は血液の流れに乗って全身へ伝染するため、がん細胞の転移を防ぐためには早期の発見が重要となっています。体内のがん細胞を早期に発見するためには、年に1度程度、定期的に検診を受けることが重要となっています。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.