がん細胞の特徴

がん細胞は、外部から体内に侵入する類の特殊な細胞ではなく、人の体内に存在している細胞です。
体内の細胞は古くなると老廃物となり、その一方で新しい細胞が生み出されます。こうして新しい細胞が生み出される際、稀に、本来求められている機能を持たない特異な細胞が生み出されることがあります。

人体に約60兆個ある細胞の中で、1日に1,000~2,000個程度、このような“誤った細胞”が生み出されると言われています。なお、このような“誤った細胞”の出現によって、すぐさま人体に影響が生じるわけではありません。誤った細胞は、“免疫の細胞”によって駆逐されることになります。
とはいえ、“免疫の細胞”は必ずしも全ての『誤った細胞』を駆逐するわけではありません。そして、駆逐されなかった『誤った細胞』(=がん細胞)は、その後に体内で増殖を繰り返すことになります。
こうして“がん細胞”は増殖を重ね、約10億個(重さ1グラム、大きさ1センチ程度)となると、レントゲンやCT、またはエコーや内視鏡を用いた検査によって『がん』として認識されるようになります。

がん細胞の特徴は、活動の際に他の細胞よりも多くの酸素や栄養素を必要とするという点にあります。それゆえ、がん細胞は活動を行なうべく多くの血液を引き込むために“新生血管”と呼ばれる血管を作ります。この“新生血管”は、通常の血管と比較して血管壁が弱いため、僅かな衝撃で損傷し、出血しやすいという特徴があります。そのため、がんを患うことで日常生活において出血することが多くなります。
なお、がん細胞が発生する場所により、出血の症状も変化することになります。肺や気管支にがん細胞が発生すると“血痰”の症状がみられ、大腸にがん細胞が発生すると“血便”の症状がみられます。
さらに、出血が継続することで体内の血液が不足するため、貧血の症状が引き起こされることもあります。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.