乳がんの治療法

乳がんの治療は、原則として外科的切除によってなされます。また、外科的切除と併せて、抗がん剤や抗エストロゲン剤を利用した“化学療法”と、放射線を利用した“放射線療法”が行われます。

『外科手術』

乳がんの治療としての外科手術では、腫瘤の大きさによって切除の範囲が異なります。一般的に、腫瘤の大きさが3センチを超えると、“広範囲切除”となります。

『放射線療法』

放射線療法は、乳房温存術後に局所の再発を防ぐために行われます。

『化学療法』

化学療法は、術後に行われる再発リスクに関する評価に応じて行われることになります。具体的な方法として、『内分泌薬』、『抗がん剤』、『分子標的治療薬』の3種類があります。なお、化学療法は術後だけでなく、術前にも行われる場合があります。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.