乳がんの検診・検査

乳がんの発症は、30代以上の高齢の女性に多く見られるため、30代以上の女性であれば定期的に検診を受けることが望ましいといえます。国によっては壮年女性全員に毎年検診を課すことで、早期の乳がん発見に取り組んでいる事例もあります。
検診方法は、代表的なものとして『胸部自己診断法』と『マンモグラフィー』を挙げることが可能です。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.