乳がんの症状

乳がんを患った際に見られる主な症状としては、『乳房のしこり』、『乳房の陥凹』、『乳房の近傍のリンパ節の腫れ』、『遠隔転移症状』などがあります。

『乳房のしこり』

乳がんの大きさが5ミリ~1センチ程度になると、触ることで気付くほどのしこりになります。もっとも、しこりがあるからといって必ずしも乳がんであるというわけではないため、精密な検査が必要となります。

『乳房の陥凹』

乳がんが乳房の表面近くに到達すると、窪みや腫れが生じます。なお、乳房のしこりが不明確であり、乳房表面の皮膚がオレンジの皮のような赤さを示し、なおかつ熱感や痛みを伴う場合の乳がんは“炎症性乳がん”と呼ばれます。

『乳房の近傍のリンパ節の腫れ』

乳がんは乳房付近のリンパ節に転移しやすいという特徴があります。なお、このように乳房付近のリンパ節が大きくなることで、リンパ液の流れがせき止められる場合があります。リンパ液の流れが止められると、腕の浮腫や腕のしびれを引き起こすことがあります。

『遠隔転移症状』

乳がんが転移した場所・臓器によって症状は異なります。なお、転移した場所によっては症状が全く生じないこともあります。この点、腰や背中、または肩の痛みなどが持続する場合には、“骨転移”の疑いがあるとされます。骨転移の先が荷重のかかる部分である場合には、病的骨折を患う可能性があります。また、転移先が肺の場合は咳の症状を発症します。

上記以外の症状としては『血性乳汁』などを挙げることができます。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.