乳がんの原因

乳がんが発症する原因は、今のところ明確にはなっていません。仮説としては、女性ホルモンとの関係によって発症するとされています。近年では食の欧米化が進んだことで栄養状態が良くなり、それによって女性の成長が早まり、女性ホルモンが分泌される期間が長くなっていることから、結果的に乳がんを発症する人の数が増加しているのだと考えられています。また、仕事を持っている女性や高学歴の女性に乳がんが多く見られるという統計もあります。これは、妊娠経験が無いことや、初産年齢が高いことが女性ホルモンの分泌に影響を与えていると考えられています。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.