アルコール依存症

アルコール依存症は、アルコールの摂取によって得られる精神的・身体的な作用に囚われることで飲酒行為を制御することができなくなる薬物依存症の一種であり、精神疾患に分類されます。
なお、アルコールによって心身ともに負担を被るだけでなく、依存症を患っている当事者の家族に負担をかけることになります。
そのため、アルコール依存症患うとすぐに治療を行うことが重要となります。

なお、日本での飲酒人口が約6,000万人であるのに対して、アルコール依存症患者は約230万人であると言われています。この比率は、全ての精神疾患の中で最も罹患率が高いものとなっています。もっとも、算出方法によって患者の数が変動する点で注意が必要です。
罹患者の性差についてみると、男性よりも女性の方が僅かなアルコール量で依存症に陥りやすいことが高いと言われています。
男性よりも女性の方が依存症に陥りやすい原因の一つとして、体格・体質の違いが挙げられます。一般的に、男性よりも女性の方が体内の水分率は低くなっています。体内の水分率をみると、成人の場合は男性が約60%、女性の場合は約50%となっています。女性の水分率が男性よりも低いのは、体内の脂肪が多いためです。体内の各組織の水分率をみると、血液は90%、脳は80%、皮膚や筋肉が80%~70%であるのに対し、脂肪に含まれる水分の量は30%~10%となっています。女性の方が体格が小さく、そして体内の水分の比率も小さくなっていることから、女性は男性と比較してアルコールの影響を受けやすい体質となっています。

胎児への影響

アルコール依存症は、女性の場合は本人だけでなく胎児にも影響を与えることになります。妊娠中の女性は臍帯を通じて胎児と繋がっており、胎盤は有害物が胎児に渡らないようフィルターの役割を果たしています。ただし、胎盤のフィルターはアルコールを遮断することができないため、母体が摂取したアルコールがそのまま胎児に行き渡ることになります。そのため、妊娠中にアルコールを摂取すると胎児は先天的な異常を有する胎児性アルコール症候群として出生する危険性が高まることになります。



一般的には、アルコール依存症状態になると、保険への加入が困難となるのではないかと考えられがちですが、条件次第ではアルコール依存症の場合、もしくは過去にアルコール依存症状態であった場合でも保険への加入を申し込むことが可能です。

加入方法

保険へ加入する際、保険会社と契約を結ぶ必要があります。具体的な方法としては、保険会社の外交員と契約する方法や、保険契約を代理で行っている保険代理店を通じて契約を行うという方法が挙げられます。

なお、現在では、従来のように保険のプランナーと対面を経て申し込む方法だけでなく、インターネットから申し込む方法もまた、主流となっています。
インターネットから申し込む方法では、専用サイトから申込書類を請求し、到着後、必要事項を記入して送付→審査→契約の成立という流れになるのが一般的です。
対面を経て申し込む方法では、自宅や近くの喫茶店、または希望の店舗で保険のプランナーと面談を行い、契約を行うという流れになるのが一般的です。

加入する保険商品によっては加入方法が限定されているものもあるため、事前に確認する必要があります。また、毎月支払う『保険料』、や万が一の際に受け取ることができる『保険金・給付金』についても様々なプランがあるため、保険への加入を考える場合には、事前にある程度の詳細を把握しておくことが重要となります。そのため、面談前に資料請求を行い、一通りの内容を把握し、予め疑問点、質問事項を明確にしておくことが重要です。

加入条件

過去にアルコール依存症を患った場合でも、
告知事項がすべて「いいえ」の場合には、お申込みいただくことが可能です。

「本当に入れるの?」の疑問にお答えします!

  • アルコール依存症の症状
  • アルコール依存症の治療法

持病があっても入れる保険ご紹介します!

簡単加入でもしもの時の安心を!

資料請求はこちらから

tel:0120-945-689 受付時間10:00~20:00(木曜定休)

イメージ:女性

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.