病気一覧

かかりやすい病気

  • アイコン:悪性腫瘍(がん)

    悪性腫瘍(がん)

    悪性腫瘍(がん)とは

    “悪性腫瘍”とは、遺伝子の変異によって生じた腫瘍やその症状を指します。一般的には“がん”ともいわれており、放置することで人を死に至らしめるというのが特徴です。現在、がんは国内…

  • アイコン:脳血管障害

    脳血管障害

    脳血管障害とは

    “脳血管障害”とは、『脳の血管の破損による出血(脳出血)』や、『血栓などによる閉塞(脳梗塞)』などの異常を指します。このような症状は一般的に“脳卒中”と…

  • アイコン:心筋梗塞

    心筋梗塞

    心筋梗塞とは

    心筋梗塞とは、冠動脈の血流が停滞し、心臓内の栄養素や酸素が不足することで心筋の一部が壊死する状態を指します。心筋梗塞には前兆があります。具体的には…

  • アイコン:心不全

    心不全

    心不全とは

    “心不全”とは、心臓の血液拍出が不十分であることにより、全身が必要としている血液の循環量を維持することができない状態を指しています。心不全の主な症状として…

  • アイコン:肝硬変

    肝硬変

    肝硬変とは

    肝硬変は、肝臓病の病状の一つにあたります。肝臓が硬く変化することで肝機能が著しく停滞するのが特徴です。“肝硬変”は肝臓に生じた傷を修復する線維(コラーゲン)…

  • アイコン:腎不全

    腎不全

    腎不全とは

    腎不全とは、腎臓の機能が低下することで、正常な機能が維持されない状態を指す病状です。一般的に腎不全は、“急性腎不全”と“慢性腎不全”の2つに分類されています。“慢性腎不全”は…

  • アイコン:関節リウマチ

    関節リウマチ

    関節リウマチとは

    関節リウマチは、自身の免疫が主に手足の関節を侵すことにより、関節の痛みや変形が生じる症状を指します。なお、関節リウマチによる障害は、関節だけでなく、血管や皮膚、筋肉…

  • アイコン:糖尿病

    糖尿病

    糖尿病とは

    “糖尿病”は、インスリンの分泌不足、または作用不足が原因となり、血液中のブドウ糖濃度が著しく高くなっている状態や、それによって生じる病状を指します。なお、血液中の…

  • アイコン:うつ病

    うつ病

    うつ病とは

    “うつ病とは、主に意欲・興味などの精神活動が低下し、抑うつ気分や焦燥感、食欲の低下や不眠などを生じさせる精神疾患であり、精神障害の一種とされています。うつ病の特長は…

  • アイコン:統合失調症

    統合失調症

    統合失調症とは

    統合失調症は、幻覚や妄想といった症状が見られる精神疾患の一つです。以前は“精神分裂病”の名称で呼ばれていました。症状として現れる幻覚や妄想に伴い、社会生活が困難…

  • アイコン:自律神経失調症

    自律神経失調症

    自律神経失調症とは

    自律神経とは、“心臓の鼓動”や“発汗”のように、自身の意志では制御することができない神経を指します。この“自律神経”は、活動する際に必要とされる交感神経と…

  • 潰瘍性大腸炎

    潰瘍性大腸炎

    潰瘍性大腸炎とは

    潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜に潰瘍やびらんが生じる“炎症性疾患”です。潰瘍性大腸炎の発症は年代別にみると、男性の場合は20歳~24歳で最も多く見られ、女性の場合は…

  • アイコン:バセドウ病

    バセドウ病

    バセドウ病とは

    バセドウ病は、甲状腺の自己抗体が生じることによって甲状腺が腫大する自己免疫疾患です。なお、『バセドウ病』という名称はドイツ語由来であり、英語では『グレーブス病』と…

  • アイコン:網膜剥離

    網膜剥離

    網膜剥離とは

    網膜剥離とは、眼球に内側にある網膜が剥離する(剥がれる)ことによって視力が低下する症状を指します。なお、網膜は眼に差し込んだ光を刺激とし、脳内の視神経に…

  • 十二指腸潰瘍

    十二指腸潰瘍

    十二指腸潰瘍とは

    十二指腸潰瘍は、ピロリ菌や非ステロイド性抗炎症薬、または胃酸などによって十二指腸の粘膜が損傷し、それによって粘膜や組織の一部が失われる病状を指します。具体的な症状と…

  • アイコン:帯状疱疹

    帯状疱疹

    帯状疱疹とは

    帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルスが引き起こす感染症の一つです。帯状疱疹の症状は、皮膚に痛みを感じることから始まるとされています。皮膚に痛みを感じ始めると…

  • アイコン:IgA腎症

    IgA腎症

    IgA腎症とは

    IgA腎症は、最も頻度の高い“原発性糸球体腎炎”です。原発性糸球体腎炎とは、体内にある糸球体が炎症を引き起こすことにより、血尿やタンパク尿などが見られる症状を指します。特に…

  • 悪性黒色腫

    悪性黒色腫

    悪性黒色腫とは

    悪性黒色腫とは、皮膚や口腔の粘膜上などに発生する悪性腫瘍です。どのような原因によって悪性黒色腫が発生するかについては未だ明確とはなっていませんが、仮説としては…

  • アイコン:悪性貧血

    悪性貧血

    悪性貧血とは

    悪性貧血は、体内のビタミンB12が欠乏することによって生じる貧血です。なお、ビタミンB12が欠乏する理由は、主に胃粘膜の萎縮によって引き起こされる内因子の…

  • アイコン:悪性リンパ腫

    悪性リンパ腫

    悪性リンパ腫とは

    悪性リンパ腫は、リンパ系の組織から生じる悪性腫瘍であり、血液のがんとされています。リンパ系の組織はヒトの免疫システムを構成しており、リンパ節や胸腺、脾臓、扁桃…

  • あざ

    あざ

    あざとは

    あざ(痣)は、皮膚に生じる変色した部位を指します。外傷によって生じたあざは時間の経過によって回復(消える)傾向がありますが、生まれながらに生じている…

  • アイコン:あせも

    あせも

    あせもとは

    あせもは、汗疹(かんしん)の俗称です。汗疹の特徴は、発汗時に小水泡や小丘疹などが生じる皮膚疾患です。汗疹の症状は湿疹の症状に似る傾向がありますが、汗疹は皮膚の…

  • アイコン:アテローム

    アテローム

    アテロームとは

    アテロームは、別名で粉瘤とも呼ばれ、脂質・カルシウム、またはそれ以外の様々な繊維性結合組織が含まれた細胞や、そのような細胞の死骸によって構成される…

  • アトピー皮膚炎

    アトピー皮膚炎

    アトピー皮膚炎とは

    アトピー皮膚炎(アトピー性皮膚炎)は、アレルギー反応と関連がある病状・症状の中で湿疹などの皮膚の炎症を伴うものを指します。アトピーを引き起こす原因は様々で、遺伝子的…

  • アイコン:アルコール依存症

    アルコール依存症

    アルコール依存症とは

    アルコール依存症は、アルコールの摂取によって得られる精神的・身体的な作用に囚われることで飲酒行為を制御することができなくなる薬物依存症の一種であり、精神疾患に…

  • アイコン:アルコール性肝炎

    アルコール性肝炎

    アルコール性肝炎とは

    アルコール性肝炎は、肝細胞の変性や壊死に、炎症性の変化が伴っている状態を指します。アルコール性肝炎の症状は、軽度なものから重度なものまで幅広いものとなって…

  • アルツハイマー病

    アルツハイマー病

    アルツハイマー病とは

    アルツハイマー病とは、記憶力や思考力、または行動自体に様々な問題を生じさせる病気です。この点、老齢化によって記憶力や思考力、または行動自体に様々な問題が…

  • アイコン:アレルギー性紫斑病

    アレルギー性紫斑病

    アレルギー性紫斑病とは

    アレルギー性紫斑病とは、血管性紫斑病の一つであり、別名としてアナフィラクトイド紫斑病やヘノッホ・シェーンライン紫斑病とも呼ばれています。主な症状として、出血…

  • アイコン:アレルギー性鼻炎

    アレルギー性鼻炎

    アレルギー性鼻炎とは

    アレルギー性鼻炎は、風邪を患っていない場合でも突然のくしゃみや鼻水が症状として現れる病状を指します。アレルギー性鼻炎は、体内のアレルギー反応が原因となって…

  • 胃アトニー

    胃アトニー

    胃アトニーとは

    胃アトニーは、別名『胃無力症』とも呼ばれ、胃の内部の筋肉が緩むことで無力化し、胃が持つ本来の運動や消化の機能が鈍くなる症状を指しています。症状の度合いによっては…

  • アイコン:EBウイルス感染症

    EBウイルス感染症

    EBウイルス感染症とは

    EBウイルス感染症は、エプスタイン・バー・ウイルスによって引き起こされる感染症です。エプスタイン・バー・ウイルスは、人の体内から高い頻度で検出されるウイルスで…

  • アイコン:胃炎

    胃炎

    胃炎とは

    胃炎とは、胃に生じる炎症を指しています。胃炎は大きく2つに分類することが可能であり、それぞれ急性胃炎と慢性胃炎とに分けられます。急性胃炎に見られる症状は、胃粘膜の…

  • 胃潰瘍

    胃潰瘍

    胃潰瘍とは

    胃潰瘍は、胃の粘膜が表面でただれる、または崩れ落ちる症状を指します。胃潰瘍を患った際に見られる主な症状としては、胸焼けや食欲不振、心窩部病などが挙げられます。なお…

  • アイコン:胃下垂

    胃下垂

    胃下垂とは

    胃下垂とは、胃が一般的な位置よりも下がっている状態を指します。症状が重度の場合には、胃の位置がへそや骨盤の周辺にまで届くこともあります。なお、胃下垂は胃の下部…

  • アイコン:胃カタル

    胃カタル

    胃カタルとは

    胃カタルは、胃の内壁を覆っている粘膜に炎症が生じる症状の中でも、非特異性のものを指します。なお、胃カタルは別名『胃炎』とも呼ばれます。胃カタルを引き起こす原因は…

  • 胃癌(胃がん)

    胃癌(胃がん)

    胃癌(胃がん)とは

    胃がんは、胃の内壁にある粘膜内の細胞が何かしらの原因によってがん細胞になった状態を指します。胃がんの細胞は、組織型や分化度によって分類が可能となっています。なお…

  • アイコン:胃憩室炎

    胃憩室炎

    胃憩室炎とは

    胃憩室炎は、胃憩室の合併症として現れる炎症です。胃憩室は、胃壁の一部が袋状に拡張し、突出する症状を指します。胃憩室の大きさは1~7センチ程度となっています。原因…

  • アイコン:胃憩室症

    胃憩室症

    胃憩室症とは

    胃憩室は、胃壁の一部が袋状に拡張し、突出する症状を指します。胃憩室の大きさは1~7センチ程度となっています。原因は先天的なものと後天的なものと考えられ…

  • 胃酸過多

    胃酸過多

    胃酸過多とは

    胃酸過多は胃酸過多症、過酸症とも呼ばれ、胃の内部に塩酸が過剰に分泌される症状を指します。厳密な定義によれば、食後の60分以内に胃の内部にある摂取物の全酸度が…

  • アイコン:胃静脈瘤

    胃静脈瘤

    胃静脈瘤とは

    胃静脈瘤とは、胃の粘膜を流れている静脈が瘤(こぶ)のように膨らみ、凹凸が見られるようになる症状を指します。胃静脈瘤が生じる原因の約9割は、肝臓の病気の一つである…

  • アイコン:胃痛

    胃痛

    胃痛とは

    胃痛が生じる原因は胃酸と胃の粘膜のバランスが崩れる点にあります。胃は通常、胃酸の分泌によって胃の中にある食物を消化します。この際、胃は粘膜によって保護されて…

  • 遺伝性進行性舞踏病

    遺伝性進行性舞踏病

    遺伝性進行性舞踏病とは

    遺伝性進行性舞踏病は、別名ハンチントン舞踏病とも言われています。一般的には30代の後半以降に発症するといわれており、主な症状としては不随意運動や精神症状、または痴呆…

男性特有の病気

  • アイコン:男性

    前立腺肥大症

    前立腺肥大症とは

    前立腺は精嚢とともに精液を作る器官であり、この器官が肥大する病状を前立腺肥大症といいます。前立腺は通常、高齢化に伴ってその機能が不要となるため、縮小していくことに…

  • アイコン:男性

    前立腺炎

    前立腺炎とは

    男性にある内性器の一つである“前立腺”に関する病気です。前立腺は、膀胱の出口部分から尿道の最奥部の周囲に渡っている器官で、その機能は精液の一部の分泌にあります。

  • アイコン:男性

    急性前立腺炎

    急性前立腺炎とは

    一般的に、尿道から入り込んだ細菌が尿の排出方向とは逆に進み、前立腺にまで到達することによって感染する病気を指します。なお、細菌が入り込む経路は尿道だけでなく…

  • アイコン:男性

    慢性前立腺炎

    慢性前立腺炎とは

    慢性前立腺炎とは、前立腺炎の炎症が慢性的に生じている病状を指します。男性の約25%~50%は、一生に一度、前立腺炎の症状を経験すると言われています。

  • アイコン:男性

    悪性睾丸腫瘍

    悪性睾丸腫瘍とは

    悪性睾丸腫瘍とは、睾丸腫瘍の中でも悪性のものを指しています。睾丸腫瘍は精巣内に発生する腫瘍であり、精巣腫瘍とも呼ばれています。精巣内では様々な細胞が細胞分裂を…

女性特有の病気

  • アイコン:女性

    子宮筋腫

    子宮筋腫とは

    子宮筋腫とは、子宮の筋層に生じる良性の腫瘍を指します。生殖年齢の女性においては、約20%の割合で発生しますが、その中で悪性に転じるのは0.5%以下とされています。

  • アイコン:女性

    子宮内膜症

    子宮内膜症とは

    子宮内膜症とは、子宮内腔にしか存在しないとされている“子宮内膜”や“子宮内膜の組織”が、子宮以外の場所にて形成される症状を指します。なお、具体的な場所としては…

  • アイコン:女性

    子宮内膜炎

    子宮内膜炎とは

    子宮内膜炎とは、子宮内腔を覆っている“子宮内膜”が炎症を引き起こす症状を指しています。なお、子宮内膜炎は、“急性子宮内膜炎”と“慢性子宮内膜炎”の2つに分けることができます。

  • アイコン:女性

    子宮頸がん

    子宮頸がんとは

    子宮頸がんは、子宮の入り口付近である『子宮頸部』にて生じるがんを指します。子宮頸がんを患うと、子宮やその付近の臓器を摘出する必要が生じる場合があります。

  • アイコン:女性

    子宮体がん

    子宮体がんとは

    子宮体がんは、妊娠した際に胎児を育てる部分である“子宮体部”に発生するがんを指します。近年、国内の成人女性が発病する確率が高くなっているがんの一つです。

  • アイコン:女性

    卵巣のう腫

    卵巣のう腫とは

    卵巣のう腫とは、卵巣に腫瘍が生じる症状を指します。卵巣は子宮の左右に1つずつ存在し、大きさはそれぞれ2~3センチ程度となっています。多くの場合、卵巣のう腫は卵巣の片側に…

  • アイコン:女性

    卵巣がん

    卵巣がんとは

    卵巣がんの特徴は、その種類の多さにあります。卵巣は『表層上皮』、『胚細胞』、『性ホルモン』を分泌する細胞と、それら各器官・組織の間にある『間質細胞』から成っています。

  • アイコン:女性

    月経不順

    月経不順とは

    月経は、およそ30日前後の周期で繰り返されます。月経は卵胞ホルモンと黄体ホルモンを分泌する卵巣や、その分泌を制御するホルモンを分泌する脳の視床下部や脳下垂体などに…

  • アイコン:女性

    帝王切開

    帝王切開とは

    帝王切開とは、子宮の切開によって胎児を取り出す手術を指します。帝王切開は、細かく分類すると“腹式帝王切開”と“膣式帝王切開”とに分類が可能です。なお、“膣式帝王切開”は…

  • アイコン:女性

    異常分娩

    異常分娩とは

    異常分娩とは、正常な分娩経過から逸脱する分娩を指します。異常な分娩を生じさせる要因は様々であり、例として、『微弱陣痛』、『陣痛促進剤』、『児頭骨盤不均衡』…

  • アイコン:女性

    乳がん

    乳がんとは

    乳がんは、乳房の組織に発生するがんを指します。日本の場合、女性の罹患率は16人に1人程度とされています。なお、欧米では日本よりも罹患率が高く、およそ8~10人に1人…

  • アイコン:女性

    不妊

    不妊とは

    自然な状態にて妊娠に至ることができない場合や、妊娠に至ることができたとしてもそれを維持することができない場合を、一般的に“不妊”と呼びます。なお、WHO(世界保健機関)…

  • アイコン:女性

    更年期障害

    更年期障害とは

    更年期障害とは、卵巣機能の低下によってエストロゲンが欠乏したことに基づくホルモンバランスの乱れによって生じる症候群を指しています。主に閉経の女性に生じる病状で…

  • アイコン:女性

    摂食障害

    摂食障害とは

    摂食障害とは、食行動において重篤な障害を生じさせる精神疾患の一種です。近年では“中枢性摂食異常症”とも呼ばれており、厚生労働省の難治性疾患(いわゆる難病)…

  • アイコン:女性

    全身性エリテマトーデス

    全身性エリテマトーデスとは

    全身性エリテマトーデスとは、全身の臓器に炎症が生じる症状を指します。また、発熱や倦怠感なども生じ、その範囲は臓器だけでなく、皮膚、関節にまで及びます。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.