医療保険特集記事

自身にとっての“加入の重要性”を考える

保険への加入は重要ですが、その“重要性”は必ずしも全ての人にとって等しいものではありません。
すなわち、保険への加入が極めて重要な人もいれば、それなりに重要な人、またはあまり重要ではない人もいます。
そのため、保険への加入に関しては、必ずしも一律に『絶対に加入するべきだ』とは言えない点に注意が必要となります。

これから保険に加入することを考えている場合には、
自身にとっての保険加入の重要性がどれほどのものであるのかについて把握しておくことが重要です。

保険への加入の重要性をそれぞれ『高い人』と『低い人』とで分類すると、
保険加入への重要性が高い人としては、以下のような人たちを挙げることができます。

保険加入への重要性が高い人
・貯蓄額がそれほど多くない人
・扶養対象となっている子どもがいる人
・従事している仕事が自営業の人
・入院した際の費用の負担額に不安がある人
保険加入への重要性が低い人
これに対して、保険加入への重要性が低い人としては、以下のような人たちを挙げることができます。
・貯蓄額が多い人
・勤務先の企業の福利厚生が充実しているために保障を十分に受けることができる人
・払い込んでいる保険料の金額よりも、万が一の際に受け取ることができる保険金の金額の方が少なくなることがおよそ事前に把握することができる人

なお、保険加入の重要性の大小に関わらず、これから保険に加入する場合には、
どの程度の保険料を支払い、どの程度の給付金を受け取ることができるかという点について
明確にしておくことが重要といえます。
というのも、保険は加入によって万が一の際に治療費の全てが給付されるというものではなく、
入院一日毎の給付金や、特定の病気を患った場合に規定の給付金が支給される制度となっているためです。
それゆえ、加入している保険の内容によっては、保険金を使い切れない場合や、
支給される保険金だけでは足りない場合などもあります。
この点、保険金を使い切れない場合は月々の支払保険料が過度なものとなっている可能性もあるため、
月々の支払い保険料を適正なものとするべく保障内容などを詳細に把握し、理解した上で加入することが重要となります。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.