医療保険特集記事

保険会社が倒産するとどうなる?

医療保険を選ぶ際に考えておくべき点として挙げることができるのは、
加入した保険会社が倒産した場合に、それまでに支払っていた保険料や、
受け取る契約であった保険金がどうなるかという点です。

自身が加入している保険会社が倒産した場合、
それによってすぐさま保険契約が無効になるというものではありません。
加入している保険会社が倒産した場合、『生命保険契約者保護機構』という団体により、
契約者の保護が一定の範囲内で図られることになります。

『生命保険契約者保護機構』とは、
国内で保険事業を運営している全ての生命保険会社が加入している団体です。
この団体の役割は、生命保険会社が破綻した際、
保険会社と加入者の間で交わされた契約を引き継ぐ救済保険会社や承継保険会社に対して、
必要に応じた資金援助を行うというものです。

契約を交わしている保険会社が倒産後、救済保険会社が現れた場合は、
倒産した保険会社の株式取得や合併、または保険契約の移転により、
契約を継続することが可能となります。
なお、救済保険会社が現れなかった場合は、
倒産した保険会社の保険契約は生命保険契約者保護機構が引き受けることになるか、
もしくは保護機構が設立した子会社である『承継保険会社』に引き継がれることになります。

上記の方法により、保険会社の倒産後も契約が維持されることになりますが、
契約によって受け取ることができるとされた保険金や年金の全額を受け取ることができるというものではない点に注意が必要です。

保険会社の倒産後は、“責任準備金”の削減が行われることがあります。
責任準備金とは、保険加入者が支払った保険料を積み立てた資金を意味します。
この責任準備金は、保険契約を交わしている保険会社が倒産しても、
その90%が原則として保護されることになります。
残りの10%については、更生計画などによって決定することになります。
なお、保険会社が倒産後、保護されることになるのは“責任準備金の90%”であり、
“契約によって受け取ることになっていた保険金・年金の90%”でない点に注意が必要です。

ページトップ

Copyright © PLAN-B ALL Rights Reserved.